2018年6月14日木曜日

E3 2018 でびっくりしたこと(任天堂関連に限るw)

前提。
この記事は個人の思い出ベースのびっくりでできてる記事になります。
世間のニーズとは全然違うものになりますorz

"E3 2018 Nintendo direct" の時間にたまたま起きていたのでYouTubeで見ていました。
びっくりしたタイトルが2つありました。
  • カルカソンヌ
  • DAEMON X MACHINA
まず、カルカソンヌです。
自分は10年前に倒れその後遺症で左手しか使えない状況になりました。
当時のハードはXbox360、Wii無印でした。
カルカソンヌはXbox360でもテレビゲーム化されています。
ちょっと前に書いた"PAC-MAN CHAMPIONSHIP EDITION"もXbox360版があります。
なぜそんなに自分のあの頃を思い出させるタイトルを・・・(泣

次、DAEMON X MACHINAです。
最初、任天堂らしくないなー、と思っていたのですが一晩考えているとコレって、クロムハウンズ? と思えてきました。
このゲーム、得意では無かったですが、じりじり時間をかけて制圧する雰囲気が好きだった記憶があります。
盛り上がって、アマコアみたいにコントローラーをカスタムする人が出たりしたらいいなと思います。
あと、機体も選べると思うので、片手運転機とか。

[↓片手コン案(笑]

2018年6月11日月曜日

片手でもLaboした話

ちょっと前にLaboのソフトだけ買えました。
任天堂がpdfでダンボール部分のデータを公開しているのを知っていたので気楽にしていたのですが。

・・・なのでイザとなったら買う!! を合言葉に、まずはリモコンカーを作ってみる。
以下結果。

・・・joy-conがハマらない。敗戦車かよ。


どこがいくつか把握したくてサイズを手書き。どっかに同じことしてる人が居る気がするorz

今回、用紙を作るところから大変だったのですが、Webで見つけた
ゲーマー夫婦 みなとも」で紹介されいる方法がとても便利でした。

また、情報を仕入れていくうちに知ってのですが、他の方の「トイコンガレージ」を探す時は「Twitter」で「#ラボ作品」というタグを使うと良いようです。
Laboがダンボールをかなり高度に使っていると思いました。

[参考]

2018年6月3日日曜日

マリオテニスACE - 先行オンライン大会

マリオテニスACE。
操作方法が気になったのと、ジャイロ操作があると聞いたのでチェック。
体験版(発売前先行オンライン大会)で以下の操作方法が選べます。

商品情報を「joy-con2本持ち」にも対応と書いてあるのですが選べない?



上記の操作は、基本的に両手で操作する前提のコントローラーばかりに見えます。
私は片手で左側しか使えないので、joy-con横持ちで辛うじて相手側にボールを打てる世界でした。
ちなみに「joy-con2本持ち」は「ARMS」が対応しているのですが。
コレとか作れってこと?orz

[追記]
ちゃんとスイングモードという名前で発表されてました。
そして、体験版にはスイングモードは無いそうです。はぁ。

2018年5月21日月曜日

スト2ULTRA(switch版) 片手縛り - (2)

前回から考えました。
joy-conグリップに付けて左側だけ使ったら攻撃が2種類使えるなと思い。

この方法は右側では使えないと思います。
右側のジョイスティックはグリップにつけている時には使えません。

[テレビゲーム - 片手でのプレイ](いろんなタイトルのまとめです)

2018年5月13日日曜日

BitSummit Vol.6


ABOUT BitSummit(公式サイトから)


BitSummitは、京都で開催される日本最大級のインディーゲームの祭典です!
選考を通過した国内外の開発中、リリース前、リリースされた約100タイトルのゲームを実際にプレイして楽しむことができます!
また出展されたゲームから審査員がいくつか選定し、アワードが贈られます!
まだ知らない魅力的なゲームに出会えること間違いなし!
ステージイベント、フード、グッズ販売などなど魅力的なコンテンツも充実!
是非、インディーゲームの今を体感してください!

http://bitsummit.jp/

2018年05月12-13日に、「京都・みやこめっせ」でインディーズゲームのイベント「BitSummit Vol.6」がありました。
私は不覚にもこのイベントを当日やってること知りましたorz
世間変わってる。"tokyo demo fest"とかも。なんかモヤモヤ、自分もなにか作りたくなる。
2日ともIGN JAPANの実況を見てたんだけど、インディーズの定義が思っていたよりも大きくてショックだった。
独りで仕事と別に制作をしている人、会社の一部署から、前からゲーム作ってるけど規模が小さい・・・etc
更には、「ウチが宣伝します」みたいな形で関わる人が多くなるケースも・・・。
昔どこかで教えてもらった言葉に、「製品」か「商品」という言葉がある。
インディーズゲームに製品の要素を多く期待していたので、人が後付で付いてくる光景がショックでした。

[以下参照]

2018年4月29日日曜日

[レビュー] DOBE社のjoy-conストラップ買ってみた

~前置き~
先日「WILD GUNS Reloaded」(switch版)の片手縛りについて書きました。
その時は「ABXYボタン」にしか操作を割り当てられないと思っていました。
「L/SLボタン」と「R/SRボタン」も使えましたorz
※ おそわけ時は、ZLとZL側のLボタン(ZR/Rボタン)使えません。

SLボタンが使えることがわかり、やったぁ!! ・・・と思ったのですが、純正品のjoy-conストラップはハードなゲームにはついてきてくれません。
そこでサードパーティのストラップを注文しました。
amazonで注文したんですが、決めでは、以下の写真です。

確かに標準ストラップに比べて固いです。
ON/OFFが浅いですが、力を入れないとONにはなりません。
あと細かですが、脱着の向きが純正品と逆です。買った物の商品名ですが「Switch Mini Charging Grip TNS-900」です。
amazonだと業者が適当に管理しているようで、商品名でたどり着けないかも知れません。
メーカ元は海外の「DOBE」という会社みたいです。